Alles ist vergänglich

世界遺産・姫路城 その1

ローカル臭たっぷりな山陽電鉄で、播磨路をゆく。

風光る明石海峡。
e0196993_4264566.jpg

向こうに見えるのは、淡路島。


神戸から1時間・・・世界文化遺産・姫路城に到着。(三の丸から撮影)
e0196993_427272.jpg

何度来ても飽きないし、来る度に新たな発見がある。

この城は、戊辰の役・廃城令・姫路大空襲(第二次世界大戦)など、幾多の危機を乗り越えてきた。
(姫路大空襲では、城の周辺だけが焦土と化し、天守内部に入った爆弾が不発だった)
残るべくして残った「奇跡の城」と言える。
名古屋城や広島城でさえ、米軍に一掃されたのに・・・
※城好きの方は、こちらをお読み下さい。


御殿のあった「三の丸」(現在は市民の憩いの広場)に住む猫ちん。
e0196993_4272419.jpg




その前に、姫路城西側にある「好古園」を紹介。
e0196993_42831.jpg

西御屋敷跡・武家屋敷跡の地割を活かした庭園群(全9つ)で、一万坪(平安神宮・神苑と同じ)という大規模。
花街が好きな人は、新吉原から高尾太夫を招いて住まわせた場所の跡に出来た「御屋敷の庭」に注目。
まだ新しい庭なので、正当な評価を得るには、数十年を要するだろう。



梅の香りが最高・・・!
e0196993_4292752.jpg

[PR]
by bonchi_mas | 2009-03-02 00:00 | 世界遺産・姫路城「1~5」 | Trackback
トラックバックURL : https://maruyosi.exblog.jp/tb/11036655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。