Alles ist vergänglich

世界遺産・姫路城 その4

続いては「へ」の門。
e0196993_5422280.jpg

ここも、「乱」で使用された。
e0196993_5274622.jpg



天守内部の「東大柱」。(重さ100トン) 「西大柱」と共に、巨大天守を支える心柱。
e0196993_5275960.jpg

昭和大改修の際、木曾の国有林から樹齢670年の檜を取り寄せて使用された。


天守を出て(天守内部も、見所が山のようにあります)、帯の櫓→ 腹切丸へ。
これは、様々な伝承が残る「腹切丸」。
e0196993_5283045.jpg





「り」の門を出たあとの石垣に注目。
e0196993_529565.jpg

古墳の石棺を使っているのがユニーク。(奈良の大和郡山城・本丸跡にも散見される)


怪談・播州皿屋敷で知られる「お菊井戸」。 (江戸の「番町皿屋敷」としても有名)
e0196993_5431797.jpg



「ぬ」の門を抜けると・・・・・・
e0196993_544610.jpg



石垣芸術の最高峰と言われる「扇の勾配」が現る。
e0196993_5444125.jpg


この芸術的な反り具合!!
e0196993_545646.jpg






西の丸から、連立式天守の大威容を望む。 凄まじくカッコいい。
e0196993_5312326.jpg



「ワ」の櫓から、長い長い廊下の続く「長局」(百間廊下)へ。
侍女たちの個室が居並ぶ長局は、「女の館」とも呼ばれる。
その一部から、「犬走り」を撮影。(工事中の足場が邪魔で上手く撮れず…)
e0196993_5315058.jpg

男の従者が、女たちへ手紙を渡したり、伝言する為の場所である。


「ヲ」の櫓、「ル」の櫓を抜け、「化粧櫓」へ到着。 悲劇の千姫(家康の孫)ゆかりの櫓。
e0196993_5323014.jpg



外から見た「長局」。
e0196993_5324926.jpg

ヒーヒー言いながら駆け足で巡って、約4時間・・・ じっくり見たら(周辺の遺構を併せて)丸一日掛ります。





※古代~近世まで、国内の名城ベスト100を選定した「日本名城百選」より抜粋。
(全国の精鋭研究者28人が、各都道府県のベスト5を選出している)
ベスト10は、1・大坂城、2・熊本城、3・江戸城、4・名古屋城、5・松山城、
6・彦根城、7・姫路城、8・安土城、9・会津若松城、10・小田原城。
世界遺産の姫路城が7位というのは解せないが・・・たぶん、縄張りが防御向きじゃないという理由かな。
芸術性という点から鑑みると、圧倒的に姫路城がナンバーワン。
皆さん、平成の大改修が行われる前に、是非!
「ラストサムライ」ロケ地の名刹・書写山円教寺、天空の城・竹田城(又は、詩情豊かな龍野城)とセットで行くと最高です。
(兵庫・大阪以外の人は、一泊必至)
[PR]
by bonchi_mas | 2009-03-13 00:00 | 世界遺産・姫路城「1~5」 | Trackback
トラックバックURL : https://maruyosi.exblog.jp/tb/11036781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。