Alles ist vergänglich

赤線  

超久々に、奥 秀太郎監督の「赤線」を観た。
e0196993_2229231.jpg

前に観た時もボロクソ言ったけど、今回は好意的に観れた・・・かな。
やっぱ、年齢を重ねると、嗜好が変わってくるからね。


e0196993_22294370.jpg

でも、時代考証がユルイのが難点だし、「映画」というよりは「演劇」だな、こりゃ。
小劇場好きな人が観たら、“それなりに”楽しめるんじゃないだろうか。
まぁ、私からすれば、「ナメんじゃねーよ」という感じなんだが(笑)。

メイキング映像を観たところ、現場に緊張感が無かった。(奥監督は、どう見てもゲーマーのような風貌・笑)
e0196993_2248227.jpg

こういう物語を「映画」として昇華させたいのなら、もっと徹底して造るべき。
徹底することによって緊張感を煽れば、「赤線」特有の淫靡さやデカダンな雰囲気が生まれるのではないだろうか?
そういう意味では、望月六郎や、三池崇史に撮って欲しい題材だったなぁ。
と言いつつ、「昭和SFラブストーリー」と銘打ってるのだから、
奥監督は、ハナっから本格的な作品を撮ろうと思ってないんだよね(笑)
(というか、この時点では、撮ろうとしても撮る実力がないと思う)

とか何とか、シロウトがブーブー言っても仕方ない。
監督が音楽に一家言持ってるだけに、ヴィジュアルに合った音楽は良かった。



冒頭の「夏だ、新しい恋がしたい」と言う台詞で、「もしかしたら佳作かも」と、思えるのだが・・・
e0196993_22451043.jpg






主役の一人である「つぐみ」が良い。
e0196993_22303777.jpg

「脱ぎ」は無かったものの、ここまで“愁い”を感じさせる女優は稀有だ。
もっと良い監督に演出してもらうべき。
せっかくの才能が勿体無い。


荒川良々。
e0196993_2231087.jpg

じっくり観たのは初めて。
前に観た時は、「何じゃ、この知●遅れみたいなシロウト俳優」と思ってたのだが、
独特の「間」と、相手の「気」を吸い取る個性が面白い。
最初は、神戸浩みたいな役者かと思ってたんだけど… 違った。
しかし、小劇団出身の役者は、フザけすぎな感じが鼻につく。
何度でも書くが、「映画」は「舞台」じゃないんだぞ。



中村獅童は良かった。
e0196993_2231227.jpg

ただ、上にも書いたように、徹底して造り込めば、もっと良い演技が出来たと思う。
脚本に力が無いから、役者の個性だけで見せようとしても上滑りするだけ。
場末の女郎屋に入り浸る侠を演じてサマになる俳優は、現代にはいない。
いや、いるにはいるのだが、加藤雅也とか山口祥行にオファーしないだろうな…


野田秀樹も出てたんだけど、この人は何が凄いの?
e0196993_22314212.jpg

こういう役(妖しげな薬屋の店主)なら、大杉漣に演らせりゃピッタリなんだが・・・


低予算の割りに、なかなか良いセット。
e0196993_22315768.jpg

e0196993_2232739.jpg

ただ、「書割かよ!」とツッコミたくなるような場面がある。(残念!)
チェックを怠った監督の責任は大きい。



画面に向かってポーズをとる演出は良くあるが、脚本がシッカリしていれば、必要のない演出だ。
e0196993_22334270.jpg

だから、この作品では効果的だった。(何と皮肉な)


とにかく、獅童と、ミュージッククリップ好きな人にお勧め。(「つぐみ」も良いよ)
e0196993_2234174.jpg

e0196993_22341124.jpg

e0196993_22341942.jpg

この手の映画に必要不可欠なエロス、愛憎、痴情の縺れ等を期待して観ないほうが良い。
「さくらん」と同じで、カタルシスもドラマも何も無いから。


「つぐみ」だけではなく、薄幸の少女(遊女)を演じた片山佳も光ってる。
e0196993_22352841.jpg



関西には、現役の遊廓(赤線)が、まだまだ残っている。
それらの消えないうちに、こってりハードな色街映画が観てみたい。
e0196993_22353985.jpg




この女優が気になった!
e0196993_22483656.jpg

[PR]
by bonchi_mas | 2009-09-08 00:00 | 映画レビュウ 「連載」 | Trackback
トラックバックURL : https://maruyosi.exblog.jp/tb/11051425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。