Alles ist vergänglich

無鄰菴 

※改訂版

明治の元勲・山縣有朋が造営した別荘「無鄰菴」。
池泉回遊式庭園を作庭したのは、かの7代目・小川冶兵衛。(植冶)

まずは、大好きな壷庭から。
e0196993_22132337.jpg

光、竹、石、苔の配置など、細かな所まで入念に計算され作られている。


「飛び散るような竹の葉に反射した光が凄く綺麗で、何だか花火を眺めている様だ」と、灯りに詳しい友人が言っていた。
e0196993_2213477.jpg

光と風と土の匂いで、感じ方が刻々と変わる美しい壷庭である。


個人的には、母屋の裏側辺りも好きだ。 光と影の芸術。
e0196993_22145785.jpg



外に出て、母屋から庭を望む。
e0196993_2215294.jpg



琵琶湖疏水から引かれた水。
e0196993_18153371.jpg




東山三十六峰と、緑濃き芝生の対比が美しい。
e0196993_2216770.jpg

十一代目・小川冶兵衛が、「植冶では、借景を考慮して庭の設計をしたことはない」
と言っているように、沢山の奇跡的要素が合体した稀有な庭園である。


庭の奥に行き、空を見上げてみる。
e0196993_22162289.jpg



まるで、深い山にいるような錯覚に陥ってしまう。
e0196993_2217228.jpg


 
e0196993_22182095.jpg

この疎水の恩恵を受けた名庭・・・對龍山荘、碧雲荘、織寶苑、清流亭などが、南禅寺周辺に犇いている。


e0196993_22184299.jpg




e0196993_22191876.jpg



光の加減が美しい。
e0196993_2219373.jpg



有朋は、京都の一大事業・琵琶湖疎水工事に携わった経験と、英国留学時に得た庭園の情報を身につけていた為、 作庭に関して深い造詣と主張を持っていた。
e0196993_2220326.jpg

明治期は、西洋庭園に関心が集まった時代である。
それをいち早くキャッチした有朋は、まず「芝生」を取り入れたあと、池の水深を極端に低くしたり、
(造園に適した土地ではないのを逆手に取った画期的アイデア)
本来の日本庭園なら脇役クラスの樹木であるモミやシイ、杉などを多用した。


何時間いても、決して見飽きる事の無い名庭である。 
[PR]
by bonchi_mas | 2009-08-08 00:00 | Kyoto D'or 「連載」 | Trackback
トラックバックURL : https://maruyosi.exblog.jp/tb/11496776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。