Alles ist vergänglich

旧古河庭園 秋のバラフェスティバル

ある店のカレーの中毒になったり、美味しくて抜群に安いジビエ料理を出す店に感動したり、
映画祭で綺麗な女優さんやカッコいい俳優を観たり、吉原土手で廓友たちと馬肉をつついたり、
久し振りに引っ張り出してきたポール・スミスのコートが意外とダサくて落ち込んだり・・・・・・
まぁ、元気にやってます。


近所の旧古河庭園へ、バラを見に行ってきた。
e0196993_21452134.jpg

多種のバラたちが犇いているので、バラフェチの方たちも満足できると思う。 香りも素晴らしい。


ジョサイア・コンドル設計の洋館。  これだけを見に来ても良いくらい素敵。
e0196993_21471834.jpg



e0196993_21481976.jpg




e0196993_21484145.jpg


フォトジェニックなトンボ。 
e0196993_2149298.jpg



e0196993_2150269.jpg



e0196993_21502056.jpg




京都の数々の名庭を手掛けた植冶(七代目・小川冶兵衛)が作庭した日本庭園。
e0196993_21511872.jpg

ここにいる鴨ちゃん、人が少ない時は寄ってきます。  とても人懐っこい。


e0196993_21515947.jpg



本郷台地の傾斜を、非常に巧みに活かした名園。 何度来ても飽きません。
e0196993_2152943.jpg

[PR]
by bonchi_mas | 2012-10-22 00:00 | 花を愛でる | Trackback
トラックバックURL : https://maruyosi.exblog.jp/tb/19083183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。