人気ブログランキング |

Alles ist vergänglich

北千住は商店街のテーマパークだ..........L4YOU!

プチ旅行気分を味わうため、大好きな都電荒川線に乗り、終点の三ノ輪橋まで・・・
この日は、商店街のテーマパーク・北千住(足立区)の千住宿を訪ねる。

その前に、「素盞雄大神」で、ぎょうさんの雛人形を鑑賞。
e0196993_23313641.jpg


下町名物の路地をグイグイ練り歩き、下谷道(※)を通って、江戸で最初に掛けられた橋・千住大橋へ。
e0196993_23344954.jpg

※【下谷道】東叡山門主で日光山門主も兼ねていた輪王寺宮が日光に行く際の道。周辺には大名屋敷や寺院・町家が軒を連ねて賑わった。

ここから、俳聖・松尾芭蕉が「おくの細道」へ出立した。 
e0196993_2335531.jpg

俳句は全くといっていいほど知らないけど、芭蕉や蕪村、子規や虚子の生き方には強く惹かれる。

千住大橋の下へ潜り込んで、往時を妄想する。 (これは、どこの史跡へ行ってもやることw)
e0196993_2337303.jpg

頭の中にギュウギュウに詰まった幾多の浮世絵や古写真を思い出しつつ、ドブ臭い川の匂いを嗅ぎながら、
あれこれ妄想(想像)すると、江戸期の北千住の土俗的なパワーや江戸庶民たちの活気が、ブワーッと浮かんでくる。

この川の中に、木製時代の千住大橋の杭があるという。 想像してると興奮するw
e0196993_23412981.jpg


因みに、足立区は、様々な大物芸能人の出身地である。
幼い頃から敬愛している北野武(偉大なる芸術家・表現者・言論家・芸人)、好みのタイプの筆頭・波瑠(モデル)、瑛太の嫁・木村カエラ、昔は超絶な美人だったベテラン女優・浅野温子、一昔前の甘いマスク選手権で優勝しそうな俳優・原田龍二、豪傑な役を数多く演じた渋い俳優・夏八木勲、そして、超名優・原田芳雄など多数。
ということも含めて足立区には前々から興味があった。




東京の街歩きの情報を得るのに最適な、テレ東の主婦向け番組「L4YOU」で北千住の千住宿が紹介されてた。
私みたいな男が、こういう番組を定期的に録画してるのは妙かもしれないが、テレ東の番組は侮れない。
e0196993_1824762.jpg

※北千住には商店街が18(!)もあり、それぞれが独自の個性を打ち出して賑わっている。

昔の千住宿は、やっちゃ場(青物市場)があり、相当賑わっていたらしい。
e0196993_18131856.jpg

しかも、この道は、かの有名な「旧日光街道」に当たる。
だから、最後の将軍・徳川慶喜が、江戸に対して決別の涙を流しながら水戸へ向かったり、
超名門・会津藩の藩主、仙台・伊達家の藩主たちもここを通った。
そういった「圧倒的歴史」を思いつつ歩くのは格別。

各家の玄関先に掲げられている当時の問屋や商店名の看板。 歴史を大事にする地元の人々に敬意を表したい。
e0196993_18164293.jpg


この宿では、俳聖・高浜虚子が命名した「やっちゃ場句会」が開かれていた。
e0196993_18202166.jpg


様々な屋号。 花押や家紋フェチの人にとっては堪らないかも。
e0196993_18222432.jpg


千住葱は絶品だと思う。
e0196993_18223930.jpg

関東にはブランド葱の産地が点在しているから、良質な葱が安く手に入る。 
どの葱も、素材そのものの味が濃いから、シンプルに焼いただけでも十分美味しい。
東京に来てから、沢山のブランド葱を食べた。(一番食べたのは、ベタすぎるけど下仁田葱)

歴史ある「鮒平」さん。現在は鰻を主に取り扱ってるそうだが、昔は屋号どおり、「鮒」を主力商品としていたらしい。
e0196993_18263156.jpg

私自身、綺麗な海のそばで過ごした期間が長かったから、様々な海産物には超詳しいつもりだが、川のものとなると、あまり胸を張れない。
嘗て、京都や滋賀で鮎やモロコ、和歌山でモクズ蟹、高知・北川川の天然鮎や鰻を食べまくったけど、この10年ほど淡水魚から離れてしまってる。
埼玉はナマズ料理が有名らしいので、機会を作って食べに行かなければ!


番組で紹介されてた惣菜店。 暴力的安さと旨さで大人気だそうだ。
e0196993_18312253.jpg


北千住に来たら外せない、スイーツのアウトレット店。 番組で一押しの店という感じだった。
e0196993_18325822.jpg

e0196993_18331073.jpg
e0196993_1833458.jpg

普段こういう店では買わないけど、たまに食べると美味しく感じる。
凄く安いから、大家族のオヤツや職場の差し入れに超オススメ。
e0196993_18352085.jpg

買ったものを店のテラス(?)で食べれるので便利かも。
e0196993_1836849.jpg

アニメ声の熟女・加藤貴子さんもガッツリいってましたw
e0196993_18372258.jpg


昼食は、深川丼を。 下町の混沌とした空気の中で食べるには最適だと思ってオーダーw
e0196993_18373484.jpg

これはtyupiが選んだカキフライ。
e0196993_18441442.jpg

食べた店は、庶民的な蕎麦屋。下町の風情漂う店で食らうメシは旨い。
杉浦日向子さんが好きそうな、昼下がりの蕎麦屋の空気感が最高だった。
関西にいた頃は、こういう店に入る機会が全くといっていいほど無かったので、これからは色々攻めてみたい。
味とか値段とか関係なく、その店の持つユル~イ空気や地元客が醸す“さんざめき”を愉しむために店選びをするのもオツだと思う。
そんなに美味しくはないけど、文豪が通ってた蕎麦屋とかトンカツ屋に行くのなんて、かなり面白いし。

千住宿を歩いてると、こういう古い商店建築に出会う。
e0196993_18445712.jpg

関西各地にも古い商店が沢山あるけど(特に奈良)、災害や戦災の多かった東京でこういう建築に出会うとメチャメチャ嬉しくなる。


千住宿場の「顔」といっても良い建築・横山家。
e0196993_18483662.jpg

安政2年(1855)に建てられた(昭和11年に改修)という棧瓦葺、木造二階建てで、間口は9間、奥行15間の堂々たる構え。
戸口が一段下げて造られてるのが面白い。
e0196993_18503563.jpg

残念ながら非公開だけど、玄関の土間や商家の書院造りといわれる帳場など見所があるそうだ。
玄関の柱に残る刀傷は、上野戦争で官軍に負けた彰義隊が敗走する時に斬りつけたと言われている。

横山家と街道を挟んだ向い側にあるのは、絵馬屋の吉田家。
e0196993_1854235.jpg

江戸時代から作られてるという絵馬は、馬小屋を形取った独特の物で黒枠が付けられてるそうだ。

この後も、立派な長屋門を持つ名倉医院(江戸期の建物が現存)を見に行ったり、濃い散策が出来て満足。


帰りに北千住のルミネに寄ったら、何と何と、神戸のブーランジェリー「ル・ディマンシュ」があった!
e0196993_19574880.jpg

向こうにいたとき結構利用してたので嬉しかった。 今は、川崎にも支店があるそうだ。
食事系のパンは好きじゃないので、基本のパンばかり買う。 やっぱり美味しい。
e0196993_20332258.jpg

東京にもレベルの高いブーランジェリーが沢山あるけど、関西も全然負けてない。
神戸、京都、大阪…それぞれに個性的な店があるから、多様性という点では関西の方が上かも?
まだまだ東京生活が短いので確かではないけど、これからも色々な店に行って勉強しないといけない。


ちなみに、数週間前に千住宿を歩いたときに買った千住小町。 これも美味しかった♪
e0196993_18575958.jpg

by bonchi_mas | 2013-02-24 00:00 | Tokyo Drifter 「連載」