人気ブログランキング |

Alles ist vergänglich

カテゴリ:すぽると 「連載」( 6 )

メダリスト銀座パレード ~50万人の高揚!~

ロンドン五輪のメダリストたちが銀座でパレードを行うという事で、行ってきた。
2
10時20分ごろ有楽町駅に着いたとき、既に平日の人出とは思えぬ熱気だったので、
「今日はヤバイことになるかもしれんな・・・」と、思ってたら、その思いを遥かに超える人出www


50万人もの人出によって気分が悪くなったのか、熱中症で搬送される人多数。
私の横にいた小学生のガーリーも、リバースしていて可哀相だった。


TV中継のお仕事でスタンバってる、女子力オール5の田中雅美さんを発見。
3


一番見たかった村田諒太(ボクシング・ミドル級金メダル)と、バドミントンのフジガキが向こう側にいて見えなかったのだが、内村航平とは、また別種の黄色い声援が飛びまくってた入江陵介を見れた。
4
正真正銘の文武両道をゆく真のイケメン。 (ちょっとオネエっぽいとこも魅力)
インタビューの受け答えは知性を感じさせるし、妙にウケを狙いに行かない。
「良い大阪人の典型」だと思う。


室伏アニキ、福原愛、アシタカ(石川佳純)を、もっと近くで見たかった。
5



柔道の西山と平岡。
6 
平岡を見てると、吉本興業の津田(ダイアン)を思い出してしまうw(超ソックリ)
西山は引きが強く、体幹がシッカリしてるので、まだまだ伸びしろはある。


アーチェリーの早川漣。
7
ネットで色々言われていたようだが、個人的には、この人のユーモアセンスが大好きだ。
リオに向けて頑張ってほしいし、応援したい。


同じくアーチェリーの川中、蟹江。
8
川中は、立命館大学にいそうな地味めのタイプで、とても感じが良いw
蟹江は、マニアに人気絶大だそうだ。(アニメ声も魅力的)


キング・オブ・レスリング、米満。 決勝の戦い方にはシビレた!
9


柔道・上野、中矢。
11
上野は世界ランキング1位で金が期待されたのだが、惜しかった。
中矢君は、この世代で一番伸びしろのある選手。リオでは金を獲りにいける逸材。



伊調(妹)と、小原。
12
吉田アニキと共に3連覇の偉業を成し遂げた伊調は、国民栄誉賞もの。
小原の金も、本当に感動的だった。


なでしこ。  田中、川澄、高瀬、鮫島。
13


髪の毛下ろしたら、めっちゃ色っぽい鮫島。
16


高瀬、鮫島のツーショット。
17




宮間、丸山。
14
毒舌ですみませんが、丸山さんは、もう少しチャライところを直した方が良いと思うw



岩清水、田中。
15



女子バレーのメダル、待ちに待ってた人も多いと思う。
荒木(結構好みのタイプ)、中道。
18





この2人(迫田・狩野)はモデルでも十分やっていけそう。 狩野はガチで可愛かった。
19




でも、一番人気があるのは木村(左端)だろう。
21
女子バレーの選手に街で会うと、ほんまにビックリする。スタイルが宇宙人並みで。
by bonchi_mas | 2012-08-21 00:00 | すぽると 「連載」

EURO2012  ~獅子王、目覚める~

EURO2012、何とか時間を割いて観戦してます。 (イタリアVSドイツは永久保存版決定!)


まさか、バロテッリが一夜にしてスーパースター的な騒がれ方されるなんてね・・・・・遂に、獅子王が目覚めた感じ。
Photo
ずっとバロテッリが覚醒してくれる事を期待してたんだけど(そうなると面白くなるのは必至だったし)、ほんと、アズーリはドラマチックなチームだよなぁ。
大会前の下馬評は高くなかったのに、やはりカルチョの国はしぶとい。

私的には、愛してやまないカッサーノがキレキレなのが嬉しい。(まだフル出場は無理だけど)
カッサーノの鬼アシスト→バロテッリの爆裂ゴール→2人の熱~い抱擁にはシビレたなぁ・・・・・・

正直言って、イタリアは決勝トーナメントへ進めるだけで「御の字」だと思ってた。
強豪ドイツを撃破し、決勝でスペインと再戦するなんて予想だにしてなかったし。



決勝戦は、「スペイン1-0イタリア」だと思う。
勿論、イタリアに優勝してほしいんだけど、あの中盤は凄すぎる。
カッサーノ、バロテッリのツートップでスペインを撃破出来たら言う事ないんだが、それは贅沢というもの。
ブッフォン、ピルロの2人のレジェンドが最後の代表になるだろうし、明後日は気合入れまくって観戦しよう!

ファンタジスタを匂わせるモントリーヴォ、“夕陽のガンマン”みたいなディアマンティも好きになった。
あ、、、、、、デ・ロッシもディ・ナターレも。
好きすぎるアズーリ!
by bonchi_mas | 2012-07-01 00:00 | すぽると 「連載」

剛腕・伊良部、逝く

千葉ロッテ、NYヤンキース等で活躍した元プロ野球選手・伊良部秀輝が亡くなった。
朝、ツレから第一報を聞いたときは(まだ寝てた)、信じられず、夢でも見てるのかと・・・

自ら命を絶つという最期・・・
幾多のトラブルや、その豪快な野球人生を思うと、「伊良部らしい最期」だと思ってしまった。

エクスポズ時代の笑顔。
Hideki_irabu
画像検索すると、ふてぶてしい表情の画像ばかりだが、本来は、このような笑顔の似合う男だったんじゃないかと。

何かの番組で解説のようなものを聞いたとき、卓越した理論の持ち主と感じたし、語り口が滑らかで聞きやすかった。
めちゃくちゃ頭の切れる人だったと思う。 BSの野球中継で、彼の解説を聞いてみたかったなぁ。
きっと、歯に衣着せぬ物言いで、独自の野球理論を展開してくれただろう・・・ 本当に勿体ない。

尼崎で小中を過ごしたからか、関西弁が時折出ていた。
故に、ユーモア精神も持ち合わせていただろう。
それなのに、自らの人生にユーモアを持ち込めず、自分自身を追い込んでいったのだろうか。
私自身は、こちらのコメント欄に書かせて頂いたように、彼特有のコダワリ(美学)が、彼を死に向かわせたのだと思う。
その美学と言うのは、「中途半端に生きたくない」という事だと・・・ 勝手に思っている。
上にも書いたが、この幕引きは、伊良部らしいと、改めて思う。
Hideki_irabu_1

尽誠学園時代の伊良部の大ファンだった。
今でも良く覚えてるのは、甲子園で魅せた勇姿。
特に、2年生時に対決した東海大五との熱戦(接戦)と、3年時の浦和学院戦。
東海大五戦は、まだヒョロッとした体型の伊良部が頼りない感じで、その端正なマスク(イケメンだった)が
散りゆく大型投手の儚さを思わせ、何か劇画の中のヒーローのように感じた。
3年時は、体が一回り大きくなって、MAX148キロの剛腕投手として甲子園に帰ってきた。
高校通算83本塁打(当時の1位)の怪物・鈴木健を力で捻じ伏せ、強打・浦和学院を抑え込んだ力投は圧巻だった。
プロに入ってからも、清原に150キロ台後半の剛速球で挑むなど、数々の剛球伝説を作った。
MLBに渡ってからの快投も記憶に新しいが、もう少し万全な体調で過ごせたら・・・
それでも、最強だったNYヤンキースのローテを守り、月間MVPを2度も獲ったのは凄い。

以下、週間SPA(7月19日号)の最新インタビューから。
by bonchi_mas | 2011-07-30 00:00 | すぽると 「連載」

長谷川穂積、沈む

e0196993_2343456.jpg

この前の世界戦でも出来が悪かったし、既にスピードと切れが衰えてたのに、
長谷川がフェザーで通用すると言ってた人が多かったのが驚きだった。
この結果は必然。何も驚く事は無い。

もちろん、長谷川のセンスは疑いようもない。
だが、西岡の試合と見比べてみると、老獪さがが足りないんだよね。
西岡は、どんな場面になっても自分のペースを崩さない。
何と言っても、あの絶妙の距離感は天才的。
どんな展開でも、絶対に相手との距離を崩さないのが凄い。

長谷川の試合はスピードもあるし、打たれてムキになって打ち返すのは見ていて面白い。
見てる方も燃えるし。
でもね・・・いい加減センスに頼り切った試合運びは止めたほうが良いと思う。

接近しても体格負けするし、距離を置いてもリーチが無い。
フェザーで長谷川が勝つのは無理。
フェザーには、ブルゴスやジョニゴンみたいな、長谷川よりスピードがあって巧い選手がゴロゴロいる。

しかし、解説はクソだったなぁ。
「長谷川の戦い方で後半まで持っていけば、勝てた」なんて言ってたし・・・。
どう考えても無理でしょ。
パワーの差がありすぎる上、長谷川の致命的欠点は「打たれ弱さ」。
いくら長谷川と言えども、あんなベテラン相手に一発も貰わず後半までいけるとは思えない。
選手生命を延ばしたいなら、バンタムに戻ったほうが良いと思う。




関係ないけど、最近気に入ってしまった曲。

by bonchi_mas | 2011-04-09 00:00 | すぽると 「連載」

美女サポーターと共にお送りする、2010・南アフリカW杯雑感

世界各国の美女サポーターを挟みながらお送り致します♪
e0196993_11111640.jpg


南アW杯盛り上がりまくりです! 今、凄く大変な状況だけど、サッカーが元気を与えてくれてます。
e0196993_1112535.jpg

大量のニワカファンが湧いてる最中だけど、それもまた良し。
e0196993_11143640.jpg


e0196993_1112578.jpg

今回のW杯といえば、ジャブラニ(日本代表は使いこなしてる)、ブブゼラ、苛酷な環境(高地、寒暖の差)、
南米勢の強さ、前大会優勝のイタリア・準優勝のフランスが壊滅・・・(欧州枠減らせ!)

そして、日本の大大大健闘! (松井大輔Love!!)
e0196993_1115752.jpg

世間は本田圭佑Loveだが、フレデリク・アンツから賞賛された松井は、文句なしに日本最高の選手だ。
もっと注目してあげないと!
彼の鬼ドリブルを一度でも観たら、絶対に魅了されるだろう。
私の友人たちは、日本×デンマークより、2002年の稲本や中田ヒデのヘッド、森島のゴール…
「トルシエ時代の方が何倍も鳥肌立った」と言ってる。
確かに、2002年は派手なプレイヤーが多かった。
だが、川島や本田のように、確実に止めて確実に決める選手がいなかったし、謂わば司令塔だけのチームだった。
e0196993_11161889.jpg

私は、今の代表が一番好きだ。

それにしても、デンマーク戦は燃えた。(ベンゲルの予想が思いっきり外れたw)
イギリスの大衆紙「サン」が、「鮮やかなフリーキックがまるで出ていなかった今大会だが、
日出ずる国の連中が物凄い2本を決めてくれたお蔭で、一気に明るくなった」
と評したように、本田と遠藤の芸術的FKは、鳥肌ものだった。
「サン」だけでなく、世界各国のメディアが日本代表を賞賛してる。
こんな事、大会前は絶対に予想出来なかった!!奇跡じゃないか!




因みに、私の優勝予想は、アルゼンチン。
e0196993_1117196.jpg

理由は、優勝した86年と戦い方が似ているからw
86年は、マラドーナがバルダーノ、ブルチャガと前線で組んで機能した。
今は、メッシ=マラドーナ、イグアイン(ミリート)=バルダーノ、テベス(アグエロ)=ブルチャガという感じ。
3大リーグで得点あげまくってるFWを5人も揃え、あのオランダよりも迫力を感じる。
イグアイン、ミリトのツートップでメッシがトップ下、劣勢になればテベス、アグエロ投入・・・Oh!スペシャル!

本当は、ブラジル優勝(もしくはドイツ)と言いたいところが、今のセレソンは魅力が無い。
e0196993_11174320.jpg

注目してたカカはレアルで不調。
今回もアシストを決めてるとはいえ、コートジボアール戦では簡単にボール取られてた。(かなりショック)
もう、ミラン時代の面影はない。
暴論かもしれないが、現メンバーよりサンパウロFCの方が強い気がするw
フェルナンドン、エルナネス、ダゴべウトの方が攻撃力あるんじゃないか?
ドゥンガの人選ミスは、今後、マイナスに出ると思う。

e0196993_1118970.jpg
e0196993_1118162.jpg
e0196993_11182426.jpg




優勝はアルゼンチンを予想したが、私が最も応援してるのはスペイン代表。
e0196993_11184385.jpg

サッカーファンの間では、賛否両論のスペインだが・・・。
オシム、ヒディンク、ジダン、モウリーニョ、ファギー、リッピなど、錚々たる人物がスペインを優勝候補筆頭に挙げている。

そのスペイン代表の中で一番好きなのは、セルヒオ・ラモス。  ふぅ~カッコいいぜ!
e0196993_11192833.jpg

フィジカルを十二分に活かしたセンス抜群のマンマーク、高さに優れた華麗なDF、スピード抜群の突破力・・・
私的には、世界一の右サイドバックだと思う。
今回は調子悪いけど、EURO2008の頃のような輝きが戻ってきたら、失禁するほど狂喜する(笑)。
センターバックとしてのポテンシャルも高いし、冷静さを身につければ、とんでもないスター選手になれると思う。

e0196993_1120753.jpg

e0196993_11201942.jpg



前回優勝のイタリア代表(アズーリ)は、全世界に恥を晒した。
ファンタジスタを外したリッピの人選ミスが響いたな。
カッサーノやトッティを召集してれば・・・ あと、天才・ピルロの不調と、ブッフォンの怪我が相当痛かった。
いくらアズーリ史上最低メンバーとはいえ、ベスト8進出は固いと思ってたんだが・・・
唯一、クアリアレッラの孤軍奮闘&男泣きには感動した。
e0196993_12273349.jpg


しかし、ディ・ナターレは、酷かった。(私はEURO2008のチキンっぷりを忘れない)
DFにぶち当てるヘボいクロス、失笑もののトラップミス、加速度ゼロの下手糞ドリブル、意味不明のポジショニング…
アズーリ史上、最もしょぼい10番だった。
イタリアは、国内のサッカー環境を根本から変えないと、長い低迷期に突入するかもしれない。
若手に良いのがいないといわれてるが、バロッテッリ、サントン、ラノッキアなどは期待出来るし、新星・マケダ(塚本高史に似てる)がいるので、僅かながら希望はある。
あ、モッタもいるじゃないか!
とにかく、1950年代~1960年代前半と似たような低迷期に突入しない事を祈るばかりだ。

しかし、イングランドVSドイツの世紀の大誤審は酷かった~!
e0196993_11212828.jpg

誤審も含めてのサッカーなんだが、ゴールだけはビデオ判定導入してほしい。
まぁ、あの誤審が無くてもドイツが圧勝してただろうけど、そういう問題じゃないしな。

ベッカム、何を思う・・・・・
e0196993_11214946.jpg


最後まで爆発しなかったルーニーの切ない後姿。
e0196993_11222297.jpg




今回もイケメンの選手は数多くいるが、個人的にカッコいいと思ったのは、ドイツ代表監督・ヨアヒム・レーヴ。
何だか、ケン・ローチやルイ・マルの映画に出てきそうな風貌。
e0196993_11224314.jpg




e0196993_11234638.jpg
e0196993_11235517.jpg
e0196993_1124497.jpg

e0196993_11241920.jpg




サッカーは『戦争』だ。甘っちょろいスポーツではない。 ※シュクルテル怖いぞ!いいぞ!仁義なき戦いや!
e0196993_11243564.jpg




最後に、アルゼンチン代表、カルロス・テベスの言葉。(Number Webより)
『フエルテ・アパチェを生き抜いた者にしか分からないことだけど、
サッカーチームか、ギャンググループに入るかで人生が決まってしまう世界だった』
ブエノスアイレスで最も危険とされるスラム街“フエルテ・アパチェ”で育ったマンチェスター・シティのFWは、
壮絶な世界を生き抜いてきた。
e0196993_1133753.jpg

by bonchi_mas | 2010-06-28 06:00 | すぽると 「連載」

Allen Iverson  =引退=

NBAの怪物、アレン・アイバーソンが引退するそうだ。
e0196993_2301295.jpg

ん~ まだやれそうな気がするんだけどな。
下り坂の34歳とはいえど、まだ引退は早いと思う。 ストックトンやマローンは40過ぎまで頑張ったんだし・・・

年俸10億でギリシャからオファーされたときに移籍してれば、問題なく現役続けれたのに・・・勿体無い!
「オレはスターターじゃなきゃ嫌なんだよ。6thマンなんてやらねぇ」と言い張った結果、“引退に追い込まれた”というのが本当のところだろうか!?
全盛期ならともかく、満身創痍のベテランが言い張るんだから、さすがのニックスも契約見送るよね。
まぁそれ以前に、優勝したいという割に練習サボるし(苦笑)、チームの勝利より個人プレー(成績)優先という態度も敬遠されてるのだろう。
e0196993_2312931.jpg

ナゲッツに行ったときも、個人成績は全く興味ないと断言してたくせに…二枚舌にも程がある。
そういうところが彼らしい(悪童)んだけど、変態(天才の上をゆく呼称)プレーの数々が目に焼きついてる者からすれば、もっと現役でいてほしい。(性格を鑑みると、すぐ引退撤回しそうだけど・笑)

総てのファンたちは絶対覚えているだろう、ファイナルに出たときの名言。
『バスケは身体の大きさでプレーするんじゃない。ハートの大きさでプレーするんだ』
e0196993_232162.jpg

NBAの公称は6フィート(183cm)だが、実測は177cmくらい。
この小さな小さな身体でスタープレイヤーとして君臨したのは、「奇跡」といっても過言じゃない。
私生活はともかく、バスケでの凄さはジョーダン、コービーくらいのレベル・・・・・
いや、ジョーダンのようなプレースタイルの選手は現れても、アイバーソン(バークレーも)みたいな選手は2度と現れないだろう。

とにかく、アイバーソンは、「オレが、オレが」の唯我独尊タイプ。(イチローが赤ん坊に思えてしまうほど)
「皆仲良くしましょう」、「チームワークが何よりも大切」という軟弱な日本からは、絶対現れないタイプの天才プレイヤーだ。

この数年、NBA全く観てなかったので疎くなってたけど、レブロン、クリポ、ウェイド、カーメロ等、魅力的な選手が揃ってるらしい。
私が知らないうちに、世代交代がドンドン進んでいて、群雄割拠・戦国期の様相を呈している。
「NBAつまらなくなった」(又は観ない)という人は、人生損してるかもしれないぞ!
03年組の移籍もあって、来年のNBAは更に面白くなりそうな感じ。
といっても、超多忙だから観れないだろうな・・・(辛いよぉ




by bonchi_mas | 2009-11-29 00:00 | すぽると 「連載」