人気ブログランキング |

Alles ist vergänglich

カテゴリ:鎌倉&江ノ電&湘南&逗子&葉山( 3 )

江ノ電の小旅行が面白かった件③ 美味彩々!しらす&わかめ

満福寺の境内から見下ろす江ノ電も味わい深い。
e0196993_1737658.jpg


満福寺から徒歩5分くらいの所にある「しらすや」。
e0196993_17374185.jpg

どこで食べようか色々迷ったんだけど、網元直営ということなので選んだ。
直営ということは、素材に信用が置ける。

Menuを見てると、あれもこれも食べたい衝動に駆られる。
e0196993_1743084.jpg


店の敷地内には、シラスやタタミイワシの売店があり、車で買いに来る人たちがひっきりなしに訪れていた。
e0196993_17435354.jpg


OPENと同時に店内へ。 ちょいオシャレなカフェという感じ。
e0196993_17455234.jpg


私が選んだのは、コノシロ丼。(コノシロ刺し身、釜揚げシラス、生シラス)
e0196993_17475417.jpg

コノシロ(幼魚・コハダ=出世魚)は江戸前鮨に欠かせぬ魚。

tyupiが選んだのは二色丼。(釜揚げシラス、生シラス) さすがにシラスフェチだけあって、直球勝負だ。
e0196993_1751143.jpg



とにかく、こういう「地物」の魚を、産地で頂くのは最高に旨い。
e0196993_17513369.jpg

コノシロは新鮮そのもの、プリプリで旨い。
そして、釜揚げシラスの穏やかな塩気と生シラスの甘みが渾然一体となって、頗る美味!
東京に来るまでシラスに興味なかったけど、tyupiの影響もあって、俄然好きになってしまった。
大体、小魚&すり身系を好んで食べなかった。(地元のイカナゴ然り、準地元のジャコ天然り)、
琵琶湖特産のモロコや稚鮎などは好きだったが、小魚という感じではない。
勿論、シラウオやシロウオも好きになってきた。
魚を極めていくと、大型魚より、小魚が好きになってくるのではないだろうか。 
e0196993_186276.jpg



これは、鎌倉わかめ! 店の前、漁港の浜で干されてたものだろう。
e0196993_1803033.jpg

シャキシャキと心地良い歯応えで、わかめ特有の風味が鼻腔を擽り、実に美味。
今まで鳴門わかめが一番美味しいと思ってたが、鎌倉わかめも全然ヒケをとらない。
基本的に海藻を進んで食べないんだけど(超新鮮なものは好き)、やはり新鮮なものは素晴らしい味わい。
シラスは勿論だが、この鎌倉わかめを食べに来るだけでも、腰越に足を伸ばす価値あり。
お腹の具合を見ながら追加注文しようと思ってたけど、意外と量があった・・・これだけで、満腹&大満足。
(体質改善して強く思うようになったけど、【腹八分】が一番良い)




こういう地物を売る店舗、めちゃめちゃ惹かれるんだよなぁ・・・
e0196993_1882090.jpg


タタミイワシを購入。 生シラスも購入したかったけど、夜まで遊ぶ予定なので断念。
e0196993_189668.jpg



この後は、待望の江ノ島へ・・・
by bonchi_mas | 2013-04-19 00:00 | 鎌倉&江ノ電&湘南&逗子&葉山

江ノ電の小旅行が面白かった件② 漁港は楽しい、楽しすぎる!

さて、再び江ノ電に乗って向かったのは「腰越」。

今回の一番の目的は、解禁になったばかりのシラスと、漁期終了寸前のワカメを食べること。
e0196993_22471695.jpg

KAMAKURAジモティの話では、鎌倉がシラスをプッシュしだしたのは、ここ数年とのこと。
今、どの雑誌を見ても、TVの旅行番組も、鎌倉の食は「シラス」ばかり。(鎌倉野菜も)

しかし、潮風の匂いに包まれながら散策する港町の風情といったら・・・ もう、楽しくて仕方がない!
e0196993_22515268.jpg

しらす!しらす!しらす!「しらすコール」の空耳が・・・。
e0196993_22521596.jpg


おおおおおお、ワカメが干されてる。
e0196993_22533036.jpg


磯臭さが漂う漁港の道を、こうして当たり前のようにサーファーが歩いてる。 ええな~鎌倉!
e0196993_22535713.jpg


今日、突撃する店の場所をチェック。 まだOPENまで1時間あるので、周辺を散策。
e0196993_22552077.jpg


小動(こゆるぎ)神社へ・・・
e0196993_22575395.jpg


境内の近くにある展望台から相模湾を望む! 最高の眺め。
e0196993_22571876.jpg


腰越漁港の向こうに見えるのは、ご存知「江ノ島」! 江戸期から有名な観光地であり、数々の浮世絵に描かれた。
e0196993_233261.jpg


いや~ しかし怖いね、トンビが。 前に鎌倉に来た時も、我々が持ってたお菓子目掛けて飛んでくるんだもんw
e0196993_2302689.jpg

この日は何も持ってなかったけど、数羽のトンビがコチラを窺って低空飛行してきやがるww

e0196993_2315930.jpg




至極美味と誉れ高い「鎌倉わかめ」を干していた。 濃厚な磯の香りが充満。鼻腔がヤラレそうになる。
e0196993_2334989.jpg


非常に美しい光景。 愛媛の港町(深浦、宇和島、八幡浜、明浜)を思い出す。
e0196993_2354753.jpg


もうね、ベタすぎるんだけど、思いっきりサザンの曲が頭の中をグルグル回るの。桑田圭佑は、やっぱり偉大だ。
e0196993_2365679.jpg


あちこちに、シラスの直売所がある。
e0196993_2375724.jpg


海は何時間眺めてても飽きない。 少年時代、休みの日は必ず海釣り(国立公園)に行ってたので、ほんまに愛おしい。
e0196993_2384495.jpg


ここにいて、潮の香りをクンカクンカしてるだけで十分楽しいw
e0196993_23111286.jpg



源義経の「腰越状」で有名な満福寺。
e0196993_23131873.jpg


満福寺の前にある江ノ電の線路。 江ノ電は単線なんだよね~ 可愛いな。
e0196993_23133055.jpg


さあ、歴史オタとしては、腰越状を拝見しなければ。
e0196993_23141717.jpg



と思ってたら、キューティーすぎるネコちんがいた!
e0196993_23151989.jpg


ぜんっぜん起きねーーーしw
e0196993_23153024.jpg


めーっさカワユスやし!w
e0196993_2316038.jpg


ごっさフォトジェニックやしww
e0196993_23163845.jpg


e0196993_2317627.jpg


e0196993_231718100.jpg


時間が無くなって、腰越状見れへんかった(^^;
e0196993_23173131.jpg


バイバーーイ!   腰越状は、今度にしたw
e0196993_2318349.jpg







もう一発。  フォトジェニーーーーーック!
e0196993_2319133.jpg



今度こそ、しらす&わかめ喰らいに行くぞ。
by bonchi_mas | 2013-04-15 00:00 | 鎌倉&江ノ電&湘南&逗子&葉山

江ノ電の小旅行が面白かった件 ① 前置き&極楽寺駅

鎌倉が好きだ。 いや、好きになってきた。
京都と比較して、あれこれ文句をつけていたが(寺院の庭がショボイとか、ロクな料理屋がないとか諸々)、
きちんと学び、色々経験していくうち、いつしか鎌倉に魅せられるようになった。(いつもこのパターンw)
京都と鎌倉を比べたらダメ。
e0196993_21213127.jpg

京都は一生かけても回りきれない数の神社仏閣があり、その中には原則非公開の寺院もあるから、
観たい庭やお宝(仏像や肖像画など)があっても、いつやるか分からない特別公開を狙わないといけない。
ネットや雑誌に載らないような旨い料理屋もあるし、和食に関しては当然日本一のレベルを誇る。
(厳密に言えば「京料理」。和食は京都以外にも旨い所が沢山ある)
しかも、「俵屋」を筆頭にした名旅館、花街(五花街)、季節ごとの祭事(祇園祭は何十回行っても飽きなかった)、京女(これは苦手w)、積み重ねられてきた分厚い歴史、伝統芸能、伝統工芸、町家、老舗、多彩な和文化・・・圧倒的である。

観光地、都市の格などを鑑みると、鎌倉は京都の足下にも及ばない。  と、思ってた。
だが、それは違う。
鎌倉は、武家政権発祥の聖地。(当たり前だが、これは重要すぎる)そもそも京都(畿内)とは歴史文化の性質が違う。
そして、京都にはない「海」がある。これはデカイ。
京都「府」には海があるけど、京都「市」(洛中洛外)には川と沼があるだけ。丹後の日本海は遠い。
(ちなみに、「伏見」は、「京都」というには無理がある)
鶴岡八幡宮から見晴るかす相模湾の美しい風景は、京都では絶対に味わえない。
そして、鎌倉というミニマムな空間の中に、小さな寺院が点在し、観光地の中に住宅があるというより、
住宅街の中に観光地があるという感じがする・・・そこがまた魅力的。
自然の地形もユニークだし、何よりカメラ片手にのんびりと散策できる。
京都みたいに、あちこち血眼で動き回らなくていい。(私は一応地元でもあったので、のんびりしていたが)
関西に住んでたころは、月に5~6回京都へ行ってたときもあったし、好きが高じて住んだ事もあった。
だが、京都は住むところじゃないと思った。(長くなるので割愛)
鎌倉は、住んでもいいし、遊びに行ってもいい。そこが、京都との違いだ。
この話題は尽きないので、また別の場所か、このブログで書こうと思う。

昨年、鎌倉で遊び倒した時のネタをUPしそびれてしまったので、今回は江ノ電小旅行をUP。
生まれて初めて乗る江ノ電。 どうしても、嵐電や都電と比べてしまう。
e0196993_2121518.jpg

この日は平日。しかも、朝8時前だったので、人が少なくて快適。
e0196993_2122586.jpg


まず、極楽寺駅で下車。 こじんまりとした木造駅舎が良い味出しまくり。
e0196993_21222611.jpg


江ノ電唯一のトンネルが望めるビュースポット。
e0196993_21224811.jpg

坑門がレンガ造りというのも良い!
この極楽寺駅、江ノ電の中で一番好きという人が多い。。
旅情を感じさせてくれる木造駅舎や、江ノ電唯一のトンネル・・・旅の黒帯たちには、これだけでも十分旅のオカズになると思う。
e0196993_21232173.jpg


気持ち良い朝日に照らされながら極楽寺坂切通しを歩き、紫陽花で有名な成就院へ。
e0196993_21233270.jpg


階段を登ってゆくと・・・
e0196993_21235040.jpg


7分咲きの桜が咲いていた。
e0196993_212419.jpg


由比が浜が綺麗!  6月になると、この道の両側に紫陽花が咲き誇り、多くの人でごった返す。
e0196993_21241718.jpg



成就院。 弘法大師空海が護摩供養をした霊蹟に、三代執権・北条泰時が、一族の繁栄を祈って創建した。
e0196993_21332049.jpg


鎌倉の寺院は、色とりどりの花が綺麗。
e0196993_21363438.jpg
e0196993_21362943.jpg
e0196993_21362238.jpg

e0196993_21421516.jpg

e0196993_21422277.jpg


携帯の待ち受けにすると、御利益が格段にアップするといわれる「不動明王像」。成就院も、その効果を推している。
e0196993_21364939.jpg


再び切通しをゆくと、こんな瀟洒な看板が・・・ 隠れカフェ(雑貨屋)って感じかな。こういう店が、鎌倉には多い。
e0196993_21441291.jpg


駅から徒歩数秒のところにある極楽寺。 
e0196993_21451489.jpg


旬の「鎌倉わかめ」、解禁になったばかりの「しらす」を食べるため、腰越で下車。
e0196993_21452880.jpg

次回へ続きます。
by bonchi_mas | 2013-04-10 00:00 | 鎌倉&江ノ電&湘南&逗子&葉山