人気ブログランキング |

Alles ist vergänglich

カテゴリ:粉もんツアー「大阪&神戸」( 3 )

粉もんツアー・ラスト  神戸編は、タマゴ焼き(明石焼き)だ!

旧居留地のホテルへチェックイン。  友人と私は別々のフロアへ。
e0196993_18362150.jpg

地元のホテルに泊まるなんてアホみたいやけど(笑)、旅行気分に浸るのもええかなと・・・
e0196993_18394477.jpg



シャワーを浴びた後、友人とロビーで待ち合わせし、神戸港クルーズへ。
e0196993_18401671.jpg


e0196993_9151427.jpg


っていうか、地元で観光するなんて恥ずかしいと思っていたが、意外と新鮮で楽しい。
e0196993_18415146.jpg

山から見る神戸の街も絶景だけど、海からの眺めも素晴らしい。
(昼だったら、この数百倍綺麗です)

改めて見ると、神戸は港町なんだなぁと、しみじみ思う。
震災前は、もっともっと“港町らしい”活気があったんだけど…
今は、単なる観光地という感じだ。

今や、すっかり神戸港の顔となったメリケンパークオリエンタルホテル。
e0196993_1847883.jpg

ゆっくりと景色を楽しみたかったので、これ以上写真は撮らなかった。
快晴の下でクルーズしたら、もっと美しいだろうな。

この曲を聴きながらだと、グッとテンション上がりそう。 


クルーズの後、ハーバーランドまで散歩。 
目の前に忽然と現れた「ラ・スイート神戸ハーバーランド」
e0196993_18491439.jpg

カンヌにあるリゾートホテルみたいだ。


この日は土曜日だったので、観光客が多かった。(例年に比べると少ないかな)
e0196993_18493335.jpg

新型インフルエンザの影響で、神戸の観光業界は大打撃を受けた。
私も打撃を受けたうちの一人だが・・・
とにかく、神戸は凄く良い街なので、沢山の人に来てほしい。


ベタだけど、このアングルが素晴らしい。
e0196993_9161074.jpg


7月3日まで停泊中の日本丸&海王丸。
e0196993_18501610.jpg


別アングルから・・・って、しょっちゅう見てる光景(笑
e0196993_18503923.jpg



この後、老舗の「菊兆」まで玉子焼き(明石焼き)を食べに行く。
e0196993_1851011.jpg

粉もんツアーの締めくくりということで、ビールを飲みながら、ゆっくり頂く。
昔、東門街でしこたま飲んだ後、良く来てたので懐かしかった。
味も全く変わってない。

やっぱり、この店の出汁はクリアで美味しい!
e0196993_18511686.jpg


玉子焼きだけだと頼りないので、この店名物の「麦飯とろろ」。
e0196993_18435158.jpg

この素朴さが最高!!


もっと粉もん食べるつもりだったけど、効率よく動かなくてはならなかったので無理だった。
次回は、天神橋筋商店街で、じっくり堪能しようと思う。
by bonchi_mas | 2009-07-27 00:00 | 粉もんツアー「大阪&神戸」

粉もんツアー・3  愛欲の街・飛田~新世界

大阪在住時、家の周辺が世界屈指のディープな地域(飛田新地・新世界・花園・萩之茶屋)だったので、毎日が刺激的だった。
その時、一番印象に残ってるのは西成●動である。

友達とニュースを観て燃えた私は、早速、この暴動に駆けつけた。(興味本位で見に行っただけですが…)
街は黒く焼け焦げ、機動隊が数百人出動した物々しい雰囲気は、まるでアジアのスラム街のようだった。


その西成から少し行ったところにある「新世界」。
真ん中に見えるのは、デカダンス・タワー「通天閣」。(現在のものは3代目)
四国・宇和島藩出身の土居通夫(第7代・大阪商工会議所会頭)が建てた、大阪の“しんぼる”である。
e0196993_1941215.jpg

ここも、かなり物騒な地域だったのだが・・・
この数年で、笑えるほど平和になってしまい、家族連れやカップルの観光地と化した。

ご存知のように、新世界は、串カツのメッカとして有名である。(またまた苑子タン登場w)
e0196993_1944227.jpg



ガイドブックに載ってるのは高飛車な店ばかりなので、地元のオジサンたち御用達の「やまと屋」へ。
e0196993_1953722.jpg

串カツが旨いので、テンションUPしてしまう。

ソウルフード・ホルモン焼きもオーダー。 
e0196993_1955661.jpg


昼酒をかっくらいながら、ピースフルな時間を過ごす。(一人酒のオッチャンたちがカッコいい)
e0196993_1962632.jpg



観光地化が顕著になって以来、どこもかしこもビリケンさん。
e0196993_1961126.jpg



浅草と同じく、大衆演劇もある。
e0196993_1964760.jpg


ドープ&エロス&ベルエポックな映画館も健在。
e0196993_197627.jpg

e0196993_1971554.jpg


ここは、学校をサボって良く来てた映画館。 今、鬼才・深作欣二の最高傑作「資金源強奪」をやってる!!
e0196993_1973094.jpg

仁義なき戦いシリーズ、日本の首領、網走番外地など、仁侠映画の名作・快作を、ここで学んだ。
子供の頃から古い映画が好きだったので、周りの友人と話しが合わなかった(苦笑


ちなみに、ここから10分ほど歩くと、日本で一番危険な地域・あいりん地区がある。
そのすぐ傍にあるのが、日本最大の遊廓「飛田新地」。(他に、松島、滝井、信太山、かんなみ、天王、五條楽園など)
今回も、友人を引き連れて探索。(写真撮影厳禁!)
※遊廓の文化が残っているのは、実質、関西だけである。
※非常に危険な地域なので、行かれる方は、土地勘のある男性と行って下さい。



飛田本通り商店街(強烈にディープ)にある「スーパー玉出」は暴力的安さや!
e0196993_1981225.jpg

by bonchi_mas | 2009-07-24 00:00 | 粉もんツアー「大阪&神戸」

粉もんツアー・2  NGK~法善寺横町~そごう心斎橋

※粉もんツアー・1は、mixiの方にUPしてます。

天神橋筋商店街(日本一長い商店街)で、たこ焼きだけを食べまくるツアーにしようと思ってたんだけど・・・ 
やっぱり東京からのお客さんということだから、ベタな所を回ってナンボでしょう。

粉もんの第2弾は「うどん」。
といっても、所謂「大阪らしい出汁が( ゚Д゚)ウマー!!!」なうどんではなく、讃岐系のうどん。
これは、名店「釜たけ」の、ちく天おろしぶっかけ。
e0196993_1919205.jpg

撮る前に掻き混ぜてしまったので、あまり見栄えが良くないけど・・・美味しい!
本場よりもコシは弱いが、そこは大阪スタイルにアレンジしているということで、高感度高し。


この後、たこ焼きを食べようと思ってウロウロしてたんだけど、
あまり腹に詰めすぎると後に差し支えるので、周辺をハイク。

“お笑いの総本山”なんばグランド花月。
e0196993_19194954.jpg

え~っと、中田カウス師匠(ヤ●ザ)の満面の笑みが怖いっす(笑
すぐ近くにあった「2丁目劇場」に良く来てたので、私にとって、この界隈は特別な場所。


お次は、法善寺横町。
e0196993_19201487.jpg

大きな火事以来、久々に来た。


この燈籠は、スーパースター・市川雷蔵と、養父の寿海が奉納したもの。
e0196993_19204487.jpg

二人が奉納した燈籠は、京都の八坂神社にもあります。

法善寺のモリゾーこと、水掛不動。
e0196993_19225979.jpg


しっかし、道頓堀は、どんどん綺麗になっていくなぁ・・・
e0196993_19211943.jpg


小腹が空いたので、第3弾は「キャベツ焼き」。チープで旨い!
e0196993_1923409.jpg




他所の方々は、大阪というと「新世界」や「ミナミ」などのベタな地域をイメージするでしょうが、綺麗な街並みも多いんですよ。
御堂筋沿いにある名門「大丸百貨店」(設計/W・Mヴォーリズ)や、「そごう心斎橋」(新館になる前は、村野藤吾の設計だった))界隈は、一般的な大阪のイメージとは掛け離れています。
写真は、8月一杯でクローズする「そごう心斎橋」の照明。
e0196993_19231834.jpg

デザインしたのは、あの堀木エリ子さん。
取り壊される前に、観ておきましょう!!
by bonchi_mas | 2009-07-20 00:00 | 粉もんツアー「大阪&神戸」