人気ブログランキング |

Alles ist vergänglich

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

美女サポーターと共にお送りする、2010・南アフリカW杯雑感

世界各国の美女サポーターを挟みながらお送り致します♪
e0196993_11111640.jpg


南アW杯盛り上がりまくりです! 今、凄く大変な状況だけど、サッカーが元気を与えてくれてます。
e0196993_1112535.jpg

大量のニワカファンが湧いてる最中だけど、それもまた良し。
e0196993_11143640.jpg


e0196993_1112578.jpg

今回のW杯といえば、ジャブラニ(日本代表は使いこなしてる)、ブブゼラ、苛酷な環境(高地、寒暖の差)、
南米勢の強さ、前大会優勝のイタリア・準優勝のフランスが壊滅・・・(欧州枠減らせ!)

そして、日本の大大大健闘! (松井大輔Love!!)
e0196993_1115752.jpg

世間は本田圭佑Loveだが、フレデリク・アンツから賞賛された松井は、文句なしに日本最高の選手だ。
もっと注目してあげないと!
彼の鬼ドリブルを一度でも観たら、絶対に魅了されるだろう。
私の友人たちは、日本×デンマークより、2002年の稲本や中田ヒデのヘッド、森島のゴール…
「トルシエ時代の方が何倍も鳥肌立った」と言ってる。
確かに、2002年は派手なプレイヤーが多かった。
だが、川島や本田のように、確実に止めて確実に決める選手がいなかったし、謂わば司令塔だけのチームだった。
e0196993_11161889.jpg

私は、今の代表が一番好きだ。

それにしても、デンマーク戦は燃えた。(ベンゲルの予想が思いっきり外れたw)
イギリスの大衆紙「サン」が、「鮮やかなフリーキックがまるで出ていなかった今大会だが、
日出ずる国の連中が物凄い2本を決めてくれたお蔭で、一気に明るくなった」
と評したように、本田と遠藤の芸術的FKは、鳥肌ものだった。
「サン」だけでなく、世界各国のメディアが日本代表を賞賛してる。
こんな事、大会前は絶対に予想出来なかった!!奇跡じゃないか!




因みに、私の優勝予想は、アルゼンチン。
e0196993_1117196.jpg

理由は、優勝した86年と戦い方が似ているからw
86年は、マラドーナがバルダーノ、ブルチャガと前線で組んで機能した。
今は、メッシ=マラドーナ、イグアイン(ミリート)=バルダーノ、テベス(アグエロ)=ブルチャガという感じ。
3大リーグで得点あげまくってるFWを5人も揃え、あのオランダよりも迫力を感じる。
イグアイン、ミリトのツートップでメッシがトップ下、劣勢になればテベス、アグエロ投入・・・Oh!スペシャル!

本当は、ブラジル優勝(もしくはドイツ)と言いたいところが、今のセレソンは魅力が無い。
e0196993_11174320.jpg

注目してたカカはレアルで不調。
今回もアシストを決めてるとはいえ、コートジボアール戦では簡単にボール取られてた。(かなりショック)
もう、ミラン時代の面影はない。
暴論かもしれないが、現メンバーよりサンパウロFCの方が強い気がするw
フェルナンドン、エルナネス、ダゴべウトの方が攻撃力あるんじゃないか?
ドゥンガの人選ミスは、今後、マイナスに出ると思う。

e0196993_1118970.jpg
e0196993_1118162.jpg
e0196993_11182426.jpg




優勝はアルゼンチンを予想したが、私が最も応援してるのはスペイン代表。
e0196993_11184385.jpg

サッカーファンの間では、賛否両論のスペインだが・・・。
オシム、ヒディンク、ジダン、モウリーニョ、ファギー、リッピなど、錚々たる人物がスペインを優勝候補筆頭に挙げている。

そのスペイン代表の中で一番好きなのは、セルヒオ・ラモス。  ふぅ~カッコいいぜ!
e0196993_11192833.jpg

フィジカルを十二分に活かしたセンス抜群のマンマーク、高さに優れた華麗なDF、スピード抜群の突破力・・・
私的には、世界一の右サイドバックだと思う。
今回は調子悪いけど、EURO2008の頃のような輝きが戻ってきたら、失禁するほど狂喜する(笑)。
センターバックとしてのポテンシャルも高いし、冷静さを身につければ、とんでもないスター選手になれると思う。

e0196993_1120753.jpg

e0196993_11201942.jpg



前回優勝のイタリア代表(アズーリ)は、全世界に恥を晒した。
ファンタジスタを外したリッピの人選ミスが響いたな。
カッサーノやトッティを召集してれば・・・ あと、天才・ピルロの不調と、ブッフォンの怪我が相当痛かった。
いくらアズーリ史上最低メンバーとはいえ、ベスト8進出は固いと思ってたんだが・・・
唯一、クアリアレッラの孤軍奮闘&男泣きには感動した。
e0196993_12273349.jpg


しかし、ディ・ナターレは、酷かった。(私はEURO2008のチキンっぷりを忘れない)
DFにぶち当てるヘボいクロス、失笑もののトラップミス、加速度ゼロの下手糞ドリブル、意味不明のポジショニング…
アズーリ史上、最もしょぼい10番だった。
イタリアは、国内のサッカー環境を根本から変えないと、長い低迷期に突入するかもしれない。
若手に良いのがいないといわれてるが、バロッテッリ、サントン、ラノッキアなどは期待出来るし、新星・マケダ(塚本高史に似てる)がいるので、僅かながら希望はある。
あ、モッタもいるじゃないか!
とにかく、1950年代~1960年代前半と似たような低迷期に突入しない事を祈るばかりだ。

しかし、イングランドVSドイツの世紀の大誤審は酷かった~!
e0196993_11212828.jpg

誤審も含めてのサッカーなんだが、ゴールだけはビデオ判定導入してほしい。
まぁ、あの誤審が無くてもドイツが圧勝してただろうけど、そういう問題じゃないしな。

ベッカム、何を思う・・・・・
e0196993_11214946.jpg


最後まで爆発しなかったルーニーの切ない後姿。
e0196993_11222297.jpg




今回もイケメンの選手は数多くいるが、個人的にカッコいいと思ったのは、ドイツ代表監督・ヨアヒム・レーヴ。
何だか、ケン・ローチやルイ・マルの映画に出てきそうな風貌。
e0196993_11224314.jpg




e0196993_11234638.jpg
e0196993_11235517.jpg
e0196993_1124497.jpg

e0196993_11241920.jpg




サッカーは『戦争』だ。甘っちょろいスポーツではない。 ※シュクルテル怖いぞ!いいぞ!仁義なき戦いや!
e0196993_11243564.jpg




最後に、アルゼンチン代表、カルロス・テベスの言葉。(Number Webより)
『フエルテ・アパチェを生き抜いた者にしか分からないことだけど、
サッカーチームか、ギャンググループに入るかで人生が決まってしまう世界だった』
ブエノスアイレスで最も危険とされるスラム街“フエルテ・アパチェ”で育ったマンチェスター・シティのFWは、
壮絶な世界を生き抜いてきた。
e0196993_1133753.jpg

by bonchi_mas | 2010-06-28 06:00 | すぽると 「連載」

紫陽花

京都で見つけた紫陽花・・・ ものごっつ綺麗。
e0196993_18222161.jpg

by bonchi_mas | 2010-06-18 00:00 | よしなしごと