人気ブログランキング |

Alles ist vergänglich

<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ボストン美術館 日本美術の至宝「東京国立博物館・特別展」

不精者の本性が出てしまって、ギリギリに飛び込んだ。
e0196993_2147249.jpg

しかし、お年寄りたちのマナーが悪いこと・・・(勿論、マナー良い方の方が多いです)
前々から言ってるが、若い子たちのほうが譲り合いというか、間の空け方がシッカリしてる。

と、のっけから毒づいてしまったが(すみません)、レポは時間が出来次第UPしようと思う。
・・・って、このパターンで書いてないネタが山ほど溜まってるのだが、仕方ない。
by bonchi_mas | 2012-06-09 00:00 | Tokyo Drifter 「連載」

3人連続で著名な方に会った

たまたまTVで観たサヘル・ローズというイラン人女性。
e0196993_0443516.jpg

(以下、Wikiより拝借)
イラン・イラク戦争で生家が空爆に遭い、両親と10人いた兄姉をすべて失い、4歳で孤児になり暫く孤児院で暮らす。倒壊した家のがれきの中から当時大学生でボランティアの救援活動を行っていた現在の養母フローラ・ジャスミンに助け出される。このため、本当の出生名は明らかではなく、現在の本名は後につけられたものである。
病院に収容された後に見舞いに来た養母を幼いサヘルが「お母さん」と呼び慕ったことから、養母は彼女を引き取ることを決意する。非常に高い身分であった養母の実家が素性の知れない孤児であるサヘルを養育することを「家柄に傷がつく」として反対、勘当を言い渡された。
その後、在日イラン人の知人男性を頼って8歳のとき日本に移住したものの男性の裏切りに遭い頓挫。養母に職が無かったため赤貧の生活を余儀なくされ、通っていた小学校の給食しか食べるものがなかった時に、給食の調理師と親しくなり生活のサポートを受け、次いで校長による補習授業で日本語を学ぶ。


凄い人生を歩んだ人だ・・・
そのサヘル・ローズさんを初めて観たのは、NHK-BSの番組で、上野のアメ横を散策するという番組だった。
サヘルさんは、子供の頃に良く遊びに来たアメ横が大好きだそうで、私も上野が好きだから(アメ横はあんまり好きじゃないがw)勝手に親近感を持っていた。
・・・で、ツレとサヘルさんの事を話しながら歩いてたら、会った(笑)。
某桜の名所の山の下で、ツレが「あれ、サヘルさんに似てない?」と、ある女性を見て言う。
「まさか、こんなとこにおれへんやろ」と私は言ったが、ツレは臆せず声を掛けた。
そしたら、思いっきりサヘルさんだったw
TV番組が面白かった事を伝えると、丁寧に礼を言ってくれ、握手もしてくれた。
めっちゃエエ人!
噂話をしていて会えるなんて、何て偶然・・・しかも、あの場所で。
もちろん、メチャメチャ綺麗で、ミステリアスな瞳に反するような、イキイキとしたパワー。
(※プライベート中の芸能人には声を掛けたくないのだが、掛ける場合は空気を読んでから)
大きな大きな夢(目標)を持ってらっしゃるようなので、応援したい。
っていうか、俺も負けちゃおれん。



そして、日本国籍を取得した事で大きな話題になった、ドナルド・キーンさん。
(日本文学研究者。東京都北区名誉区民。米コロンビア大名誉教授、ケンブリッジ大学・東北大学・慶應義塾大学・名誉博士)
ご近所さんなので、いつか会えるかもと思って注意しつつ歩いてたのだが(笑)、なかなか会えない。
そりゃそうだよね・・・キーンさんは、あちこち講演で飛び回ってるし、高齢だから(90歳)、しょっちゅう街をウロウロしてないだろう。
でも、絶対に会いたい!会う!と思ってたし、チャンスは滅多に無いだろうから(お年もお年だし)今のうちに会わないと・・・と、思ってたら会えた(笑)
いや、会ったというより、遭遇したと言ったほうがいいかな。

北区飛鳥山博物館でやってるドナルド・キーン展を見た帰りに・・・
e0196993_105181.jpg


以前から「ここら辺が自宅じゃないだろうか?」と、兼ねてより思ってた場所で見かけた。
e0196993_113368.jpg

男性に腕を抱えられ、早足で歩いてるオジイサンの後姿を見て、ピンと来た。
追いかけてみると、まさにキーンさん!(感涙)
お急ぎの御様子でタクシーに乗り込んだので、声を掛けるのは遠慮した。
今度会えたら、少しだけでも良いから声を掛けてみたい。
著書を読んでるという事と、四国の事を。
ドナルド・キーンさんは、三島由紀夫、川端康成、谷崎潤一郎などといった文豪達とも交流をしていた。
私は、キーンさんを「歴史上の人物」という感覚で見てる。
同じ時代にキーンさんと生きてるという有り難さを、もっと多くの日本人が実感し、「感動」を持って見つめるべきだ。
それほど、キーンさんは偉大な人物である。

以下、おまけ~  この方とも会った
by bonchi_mas | 2012-06-01 00:00 | Tokyo Drifter 「連載」